学校での保健室での先生の仕事は、夜勤もなくまた土日や祝日の休日に、
冬季、夏季の長期休暇もあり、医師や婦長たちの監視の目も無い職場だから誰もが憧れる職場であることは間違いありません。

一度この職場についた看護師は、殆ど仕事を辞める方がなく、欠員が出にくいことから、その求人においては、なかなかでないのが通常です。
この保健室での先生は、通常の看護師の国家資格の他に養護教諭の免許が必要となります。
この免許の取得は、大学や短大で養護教諭育成課程を修了する方法が一般的ですが、免許を取得しても空きが少ないため、求人の数が少ないのが事実です。
むしろ求人の数としては、企業などの医務室での求人の方が多く、こちらの方は看護師の資格だけで養護教諭の免許は特別に必要ありません。
それでもネット上で検索をかけると何件かの求人広告がヒットしますが、その内容を良く見てみると、
どれもが「保健室勤務の様なクリニックでの仕事」となっており、単に夜勤がないことや休日が決まっていると言う内容だけで、
学校の保健室の仕事とはまったく内容の異なる情報ばかりです。

一部の大学内での保健室の仕事は、派遣などの扱いで時給として紹介されているケースがありますが、
こちらの方は養護教諭の免許が必要なく、一般の正看護師ならば誰でも勤務できるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です